腹腔鏡システム

  1. ホーム >
  2. 泌尿器科 >
  3. 製品情報 >
  4. 腹腔鏡システム >
  5. VISERA ELITE 腹腔・胸腔ビデオスコープ

サイトマップ

本文の始まりです

VISERA ELITE 腹腔・胸腔ビデオスコープ

先端外径5mmをHD化、10mmはマルチCCDでより高精細HDへ。
先端湾曲と硬性の2タイプ、先端CCDビデオスコープ。

術野をさらに広げる先端湾曲タイプ
ENDOEYE FLEX 先端湾曲ビデオスコープ
OLYMPUS LTF-S190-5 / OLYMPUS LTF-S190-10

先端CCD、HD、4方向100°湾曲、フォーカスフリー、オールインワン構造、オートクレーブが特長のENDOEYE FLEX 5mm/10mmスコープ ※それぞれ、直視タイプ(0°)と斜視タイプ(30°)を用意しています。

ベーシックな硬性タイプ
ENDOEYE 硬性ビデオスコープ
WA50050A / WA50052A / WA50040A / WA50042A

先端CCD、HD、フォーカスフリー、オールインワン構造、オートクレーブが特長のENDOEYE FLEX 5mm/10mmスコープ

より高画質に
精緻な手技とシンクロするデジタルな眼と鮮明画像

先端CCD搭載のビデオスコープ
<10mmはマルチCCD搭載>

ENDOEYEシリーズは、腹腔・胸腔に特化したレンズ設計による先端CCDビデオスコープです。先端CCD方式は、極めて鮮明で、色再現性に優れているのが特長です。硬性タイプと先端湾曲タイプの2種類を用意しています。

5mmでHD化を実現、10mmはより高精細HDへ

5mmスコープは、細径ながらHD化を実現。さらに、10mmスコープはマルチCCDを搭載し、より高精細かつ色再現性に優れたHD画像を16:9サイズの大画面でモニター表示します。

ピント合わせのいらないフォーカスフリー

先端CCD方式は、わずらわしいピント調整が不要なフォーカスフリー。ENDOEYEシリーズは観察深度が深く、画像の中心から周辺域までピント合わせのいらないフォーカスフリーです。

体腔内の配光性が向上
<5mmスコープ>

先端照明レンズに凹レンズを採用。ライトガイドから供給される照明光を屈折・拡散することで配光を向上させ、体腔内をより均一に照らします。

LTF-S190-5とLTF-VPの照明範囲の比較図

より効率的に
ストレスを和らげ、快適さを高める多彩なアプローチ

使いやすいオールインワン構造

ENDOEYEシリーズは、ビデオスコープとライトガイドケーブルを一体化したオールインワン設計。セットアップがスピーディで、術中の取り回しが容易。術後の洗浄・消毒、滅菌作業時の取り扱いも簡単です。

ENDOEYEシリーズの構造と硬性鏡+カメラヘッドの構造の比較図
4方向100°湾曲性能

ENDOEYE FLEXは、術野の正面視や対象部位の裏側観察などを可能にする、先端が上下左右4方向に100°湾曲可能なビデオスコープです。鉗子との干渉を軽減し、スムーズな手術をサポートします。

術野の正面視が可能、鉗子との干渉が減少
湾曲部の耐性強化

5mmスコープは、先端湾曲部に引き裂き耐性を高めた新しいゴムを開発し、採用しています。10mmスコープは、先端湾曲部の内部構造を改良。ピンホールの原因となる湾曲ゴムのシワを低減しています。

※製品に添付の資料、取扱説明書をご確認のうえ、湾曲部を損傷させないようにご注意下さい。

世界初、くもり防止機能
クリアな視界をキープ

10mmスコープは、先端部にヒーター機能を搭載。先端部を温めることで、スコープ挿入時のくもりを防止し、手術開始時からクリアな視界を提供します。世界初、オリンパスだから実現できた画期的な機能です

オートクレーブ対応

ENDOEYEシリーズはオートクレーブに対応。安心・安全かつ高効率なリプロセスをサポートします。

※製品仕様に記載された設定温度、滅菌時間を超えないようにしてください。機器の故障の原因になります。滅菌は添付文書、取扱説明書に従って実施してください。

製品カタログ

PDF

VISERA ELITEビデオシステム (PDF 6.2MB)

※仕様・外観については、予告なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

製品に関するお問い合わせ 内視鏡お客様相談センター

購入に関するお問い合わせ オリンパスマーケティング株式会社 支店一覧

メディカルタウンに関するお問い合わせ 入会申込・登録情報確認・メルマガ・その他手続き

Adobe Reader ダウンロード