腹腔鏡システム

  1. ホーム >
  2. 泌尿器科 >
  3. 製品情報 >
  4. 腹腔鏡システム >
  5. 3D Imaging Solution

サイトマップ

本文の始まりです

3D Imaging Solution

次元を超えたリアリティー。圧倒的な観察性能。内視鏡手術は真の3D時代へ。

内視鏡手術に新たな視界が開かれます。最先端3Dテクノロジーが生み出す手に取るような奥行き感。そして、オリンパス独自の先端湾曲ビデオスコープが可能にする自由な視野展開。従来の内視鏡システムでは難しかった、より正確な空間把握に貢献します。いま、観察対象の全貌が、開腹手術のように鮮やかに浮かび上がります。

内視鏡手術をもっと精緻に、もっとスピーディーに。真の3D時代は、ここから始まる。オリンパス3D Imaging Solution、誕生。

3D X ENDOEYE FLEX

正確な空間把握で、手術をもっと精緻に、スピーディーに。

把持・剥離・結紮・縫合などの作業をスムーズに行うためには、対象部位が空間内のどこに位置するかを把握することが必要です。奥行きのある3D映像は、正確な空間把握を可能にし、精緻でスピーディーな内視鏡手術の実現をサポートします。また、ラーニングカーブの向上も期待されます。

手術の精度向上 手術の時間短縮 ラーニングカーブの向上

3D映像の仕組み

人間は、右目と左目でわずかにアングルが異なる映像を見ています。肉眼で奥行きを認識できるのは、脳がこの2つの映像を合成しているからです。3D映像の仕組みも、脳の合成を利用したものです。モニターに右目用の映像と左目用の映像を表示。3Dメガネの右目レンズは右目用の映像だけを、左目レンズは左目用の映像だけを透します。これを脳が合成するため、奥行きを認識できるのです。

製品カタログ

PDF

3D Imaging Solution (PDF 2.7MB)

※仕様・外観については、予告なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

製品に関するお問い合わせ 内視鏡お客様相談センター

購入に関するお問い合わせ オリンパスマーケティング株式会社 支店一覧

メディカルタウンに関するお問い合わせ 入会申込・登録情報確認・メルマガ・その他手続き

Adobe Reader ダウンロード